NCI Cancer Bulletin2009年4月7日号をお届けします。

■特集記事
「癌サバイバーと担当医がケアに抱く期待の相違」

■ハイライト
・卵巣癌スクリーニング検査により多くの不要な手術が行われている
・大腸癌の人種間格差はp53遺伝子に関連する
・多発性肺腫瘍は単一細胞に由来する
・アルコール誘発性紅潮は食道癌リスクの警告

■特別レポート
「HPVテスト単独による子宮頸癌スクリーニングで進行癌や死亡率が低下」

■スポットライト
「膨大な数の女性で大規模な乳癌リスクマッピング」

■FDA最新情報
「進行性腎臓癌の新治療薬を承認」
「ODACがGBMに対するベバシズマブの承認を推奨」

■注目の臨床試験
「進行性乳癌の内分泌療法」


詳細はこちら(PDFファイルを別ウィンドウで開きます)