3月7〜8日、台湾台北市で、5th Asia Pacific Medical Education Initiative 「Molecular Targeted Therapy of Cancer」(MTTC)が開催された。

 日本を始め、中国、香港、韓国、シンガポールなどで癌診療に携わる医師が集まり、分子標的治療に関する基礎研究から臨床研究の成果を発表、活発な議論を行った。

 ここでは、MTTCに参加した6人の医師に、会議の概要と注目したポイントを解説してもらう。Part2は、防衛医科大学校准教授防衛医科大学校病院腫瘍化学療法部副部長の市川度氏、国立がんセンター東病院消化管内科外来部頭頚科の田原信氏、癌研有明病院化学療法科の篠崎英司氏だ。

防衛医科大 市川度氏





国立がんセンター東病院 田原信氏





癌研有明病院 篠原英司氏