薬事・食品衛生審議会薬事分科会は、3月30日に開催した会合で、ドキソルビシンをリポソームで包んだ抗癌剤である「ドキシル」の化学療法後に増悪した卵巣癌への適応拡大を了承した。

 4月中に正式承認され、卵巣癌での利用が可能になる見通しだ。