バイエル薬品はこのほど、昨年11月から、卵巣癌を対象に、マルチキナーゼ阻害剤であるソラフェニブ(商品名:ネクサバール)のフェーズ2b臨床試験を開始していたことを明らかにした。

 ソラフェニブの投与は、手術後化学療法を受けて完全奏効(CR)となった患者を対象に再発抑制の維持療法として行われているものだ。