転移性腎細胞癌を対象にアキシチニブソラフェニブを比較する国際フェーズ3試験が行われており、近く日本も参加することが明らかとなった。

 アキシチニブはVEGFR1、2、3を選択的に阻害する経口製剤。転移性腎癌を対象にした国内フェーズ2試験の患者登録は終了している。