消化器系癌の主要な国際学会の一つである2009 Gastrointestinal Cancers Symposium(ASCO GI)が、1月15日から17日にかけて米国・サンフランシスコで開催された。数多くの発表の中から、大腸癌分野での注目演題について、学会に参加した兵頭一之介氏に解説をお願いした。

【訂正】
2/20に以下を訂正しました。
・最後から2段落目、「有効性については無増悪生存期間中央値がKRAS野生型で13.2カ月、変異型で7.3カ月であり」は「有効性については無増悪生存期間中央値がKRAS野生型で13.2週、変異型で7.3週であり」でした。以上、お詫びして訂正します。

詳細はこちら(PDFファイルを別ウィンドウで開きます)