英国GlaxoSmithKline社デンマークGenmab社は2月5日、抗CD20ヒトモノクローナル抗体製剤オファツズマブ(商品名:Arzerra)を、慢性リンパ性白血病CLL)の治療薬として、欧州医薬品庁に申請したと発表した。両社は先日、米国でも同製剤をCLL対象に申請しており、米国と欧州の両地域での申請が出揃ったことになる。

 抗CD20抗体では、キメラ抗体であるリツキシマブが、CLLに対する化学療法と併用でのファーストラインとして、欧州連合医薬品審査委員会からこの1月に、認可推薦を獲得している。