2008年9月12日から16日、スウェーデンストックホルムでEuropean Society for Medical Oncologyの第33回総会が開催された。学会に参加した国立がんセンター中央病院肝胆膵内科グループ責任者の奥坂拓志氏に肝細胞癌分野に関して振り返っていただいた。

 奥坂氏は、肝細胞癌におけるソラフェニブを使った試験に鉗子、効果予測因子を探った試験の結果や過去の比較試験のサブグループ解析を中心に、肝細胞癌の最新動向について語った。

続きはこちら(PDFファイルを別ウィンドウで開きます)