2008年9月12日から16日、スウェーデンストックホルムでEuropean Society for Medical Oncologyの第33回総会が開催された。学会に参加した国立病院機構九州がんセンター統括診療部長の一瀬幸人氏に肺癌分野に関して振り返っていただいた。

 一瀬氏は、アジアの進行非小細胞肺癌(腺癌)患者を対象に、ファーストライン治療としてのゲフィチニブの有効性を示した初めての試験、IPASS(IRESSA Pan-Asian Study)の結果を中心に、肺癌を対象とした臨床試験の最新動向を語った。

続きはこちら(PDFファイルを別ウィンドウで開きます)