武田薬品工業は、10月17日、進行前立腺癌を対象とした癌ワクチン「GVAX」の開発を中止することで、同ワクチンを開発している米Cell Genesys社と合意したと発表した。

 武田薬品は、今年3月に、Cell Genesys社と「GVAX」の独占的開発・販売契約を締結していた。

 「GVAX」は、2つのフェーズIII臨床試験が進められていた。1つは、「GVAX」単独群とドセタキセル+プレドニゾン併用群を比較するVITAL-1試験で、もう1つは「GVAX」+ドセタキセル併用群とドセタキセル+プレドニゾン併用群を比較するVITAL-2試験。

 今年8月、VITAL-2試験の中間解析が行われ、GVAX+ドセタキセル併用群と対照群の間で死亡例に偏りが見られたことから独立データモニタリング委員会から試験の中止勧告を受け、試験を中止した。

 Cell Genesys社は、VITAL-2試験が中止したことから、VITAL-1試験についても再解析を依頼したところ、主要評価項目である延命効果を達成する可能性が30%未満であるという独立データモニタリング委員会から見解が得られた。そこでCell Genesys社と武田薬品の協議の結果、VITAL-1試験についても中止を決定した。

 GVAX前立腺癌ワクチンは、2種類のヒト前立腺腫瘍細胞株を、顆粒球マクロファージコロニー刺激因子(GM-CSF)を産生するように遺伝子操作を行い、さらに人体内での増殖能力をなくしたもの。