■ハイライト
・複数の大腸癌スクリーニング検査法の有効性は同等であると米国予防医療専門委員会が発表
・一部の乳癌患者に対して短期の放射線治療が有効であることが示された
・腎臓癌治療薬は高齢者にも有用
・1B期非小細胞肺癌に対する術後補助化学療法による生存率改善は認められない


■FDA最新情報
「肝臓障害のある患者に対するエルロチニブの安全性警告」

■スポットライト
「次世代のPSA(前立腺特異抗原)となる新たなマーカーは何か」 (読者リクエスト記事)

■クローズアップ
「原発不明癌に迫る」

■注目の臨床試験
「治療決定のための循環腫瘍細胞」

詳細はこちら(PDFファイルを別ウィンドウで開きます)

NCI Cancer Bulletinは、米国立癌研究所(National Cancer Institute)が隔週で発行しているオンラインニューズレターです。癌にかかわる研究成果をまとめています。詳細はNCIのサイトへ。


「NCIキャンサーブレティン日本語版」は、NCIから翻訳許諾を得て「がん翻訳ネットワーク」が翻訳・監修し、NPO法人キャンサーネットジャパンが配信します。翻訳文の著作権はがん翻訳ネットワークに帰属します。