NCI Cancer Bulletin2008年9月9日号をお届けします。

■特集
「ゲノム研究により脳腫瘍の複雑な仕組みが明らかに」

■ハイライト
・緩和ケアのための医療指導が入院コストを低減
・癌による倦怠感に対する治療の必要性
・科学的根拠に基づいた疼痛緩和のための指針を発表
・HPVワクチンの医療および経済効果の数学的モデルによる評価
・前立腺癌を対象とした免疫療法の第3相臨床試験が中止に

■特別レポート
「神経芽細胞腫の原因となる遺伝子変異が判明」

■注目の臨床試験
「高リスク前立腺癌患者の潜在癌細胞を標的にする」



詳細はこちら(PDFファイルを別ウィンドウで開きます)

NCI Cancer Bulletinは、米国立癌研究所(National Cancer Institute)が隔週で発行しているオンラインニューズレターです。癌にかかわる研究成果をまとめています。詳細はNCIのサイトへ。


「NCIキャンサーブレティン日本語版」は、NCIから翻訳許諾を得て「がん翻訳ネットワーク」が翻訳・監修し、NPO法人キャンサーネットジャパンが配信します。翻訳文の著作権はがん翻訳ネットワークに帰属します。