メルクセローノは、9月19日、上皮成長因子受容体(EGFR)を標的とする日本初のモノクローナル抗体癌治療薬セツキシマブ(商品名「アービタックス」)を大腸癌治療薬として発売した。国内では同社と提携先のブリストル・マイヤーズの両社が販売する。

 セツキシマブは、EGFR陽性の治癒切除不能な進行・再発の大腸癌のセカンドライン治療およびそれ以降の治療におけるイリノテカン塩酸塩水和物との併用療法もしくは単剤療法での使用が認められる。

 なお、製造販売後一定数の症例にかかわるデータが集積されるまでの間は、施設・医師の要件を設定することで販売先を特定し、全症例を対象に使用成績調査を実施することが、承認条件として付けられている。