継続的な運動が、乳癌による死亡リスクを軽減することが確認された。これは、米国Yale School of Medicineの研究グループによる成果。2008年8月20日号のJournal of Clinical Oncology誌に掲載された。

 研究グループは、1995年から1998年に乳癌の診断を受けた患者933人を2004年まで前向きに調査し、運動と乳癌による死亡リスクを解析した。

 その結果、乳癌の診断を受ける前後に、1週間につき約2〜3時間の早歩きに匹敵する運動を継続していた女性では、運動を行っていない女性に比べて、乳癌による死亡リスクが67%少なかった。また、乳癌の診断後に運動量を増やした場合でも、乳癌による死亡リスクが45%減となっていた。

 一方、乳癌の診断後に運動量を減らした女性では、乳癌による死亡リスクが約4倍に上昇していた。

 同研究を行ったMelinda L. Irwin氏は、「乳癌の治療を受けている女性は、運動は治療の一部と考え、毎日、15分程度のウォーキングからでもよいので始めて欲しい」と語っている。