NCI Cancer Bulletin2008年8月19日号をお届けします。

■特集 オーダーメイド医療特別号

・創薬の新たなパラダイム

・PPWG(薬理ゲノム学・薬剤疫学ワーキンググループ)

・薬剤の開発

・治療の武器・低分子薬の研究が進む

・CMapが薬剤の使用を拡げる

■ハイライト
・化学療法またはタモキシフェン後は乳癌再発のリスクが低下
・新規モノクローナル抗体薬が再発非ホジキンリンパ腫患者に奏効
・骨への臍帯血移植が血球を回復させる
・食道腺癌発生率が男女ともに上昇
・癌患者の自殺リスクは一般集団より高い
・ビタミンC注射によりマウスの腫瘍増殖が遅延

詳細はこちら(PDFファイルを別ウィンドウで開きます)

NCI Cancer Bulletinは、米国立癌研究所(National Cancer Institute)が隔週で発行しているオンラインニューズレターです。癌にかかわる研究成果をまとめています。詳細はNCIのサイトへ。


「NCIキャンサーブレティン日本語版」は、NCIから翻訳許諾を得て「がん翻訳ネットワーク」が翻訳・監修し、NPO法人キャンサーネットジャパンが配信します。翻訳文の著作権はがん翻訳ネットワークに帰属します。