薬事・食品衛生審議会薬事分科会医薬品第二部会は、8月27日に開催した会合で、藤本製薬が多発性骨髄腫治療薬として申請しているサリドマイド製剤(「サレドカプセル」)の安全管理方策について、「サリドマイド被害の再発防止のための安全管理に関する検討会」および医薬品等安全対策部会においても検討が行われ、それが適正に実施されることを前提に、承認して差し支えないとの判断を下した。承認に向けて一歩前進したことになる。

 また、厚生労働省医薬食品局審査管理課は同日、薬事分科会における確認事項に基づき、医薬品第二部会に提出された審査報告書および申請資料概要を公開した上、意見募集を行うことを発表した。有効性、安全性に係る医薬品第二部会の審議結果についての意見を求めている。