グラクソ・スミスクラインが、非小細胞肺癌の術後補助療法として癌ワクチンのフェーズ3試験を国内で開始したことが明らかとなった。

 フェーズ3を開始した癌ワクチンは、AS15アジュバント添加遺伝子組み換えMAGE-A3抗原(開発番号GSK1572932A)。MAGE-A3陽性の非小細胞肺癌患者で、外科的に完全切除された患者を対象に術後補助療法として投与される。