大腸癌研究会は、このほどK-RAS遺伝子の突然変異を調べる検査に保険の適用を求めた要望書を厚生労働省に提出した。大腸癌研究会会長の東京医科歯科大学大学院腫瘍外科学分野教授の杉原健一氏が、7月16日から18日に札幌市で開催された日本消化器外科学会の講演の中で明らかにしたもの。

 抗上皮細胞成長因子受容体(EGFR)抗体セツキシマブがこのほど承認されたが、セツキシマブの効果が高いのはK-RAS遺伝子に突然変異がない患者であることが明らかとなっている。そのため、K-RAS遺伝子の突然変異の有無を検査することが注目されている。