ヤンセンファーマは、中等度から高度の疼痛を伴う各種癌における鎮痛を適応に、皮膚に貼ることで効果が得られる「デュロテップMTパッチ」を、7月7日に発売した。今回発売されたパッチは、これまでに販売されていたパッチ(リザーバー製剤)の改良型で、半透明フィルム状の製剤だ。

 これまでのリザーバー製剤では、誤って製剤を切断した際に薬液が流出する事故が生じる危険性があった。今回発売されたパッチでは、そのような危険性がなく、安心して貼ることができる。また、張り替え作業もより簡便になっている。

 薬価は、2.1mgが1926.20円、4.2mgが3467.80円、8.4mgが6538.90円、12.6mgが9356.60円、16.8mgが12047.70円だ。

 「デュロテップMTパッチ」は、既に、全世界69カ国で承認されている(2008年3月時点)。