08年5月30〜6月3日、米国・シカゴで、第44回米国臨床腫瘍学会・年次集会(ASCO:American Society of Clinical Oncology)が開催された。このASCOに参加した、杏林大学医学部腫瘍内科学教授の古瀬純司氏に、年次集会を振り返っていただいた。

 古瀬氏は注目した演題として、膵癌に対して術後の補助療法(アジュバント)にゲムシタビンを投与することで、全生存期間(OS)が大きく延長したという発表を挙げた。2005年のASCOで、無病生存期間を延長するというデータは早々に出ていたが、予後の短い膵癌のアジュバント治療としては、やはりOSの延長にこそ意味があると語る。膵癌は手術できても再発率が高いため、アジュバントには大きな期待が寄せられると、指摘する。


続きはこちら(PDFファイルを別ウィンドウで開きます)

【アンケート】この記事はいかがでしたか。


 あなたにとって、この記事は役に立ちましたか。

1   2   3   4   5   6   7   8   9   10  
 役に立たなかった ← ←               → → 非常に役に立った

 この記事に対するご意見をご自由にお書きください。

 あなたのご職業を教えてください。
医師   薬剤師   看護師   技師   製薬企業関係者   その他

→ → →

【注意】ボタンをクリックした後にログイン画面が表示された場合には、お手数ですが、ログインした後に再度、この画面に戻って送信してください。