武田薬品工業と武田バイオ開発センターは6月30日、抗上皮細胞成長因子受容体(EGFR)抗体製剤パニツムマブの製造販売承認申請を行ったと発表した。対象は、進行・再発の結腸・直腸癌

 結腸・直腸癌を対象にした抗体製剤には、近く承認される見込みのセツキシマブがある。セツキシマブがキメラ型抗体であるのに対して、パニツムマブは完全ヒト型抗体であることが特徴。セツキシマブのバックアップ薬になると考えられている。