NCI Cancer Bulletin2008年5月27日号をお届けします。

■特集記事
「フィナステリドの前立腺癌予防効果が立証」

■癌研究ハイライト
・社会的つながりが喫煙習慣に大きく影響する
・MRIが乳房切除手術率上昇に寄与
・BRCA2と前立腺癌の発生と侵襲との関連性
・ビタミンDは前立腺癌のリスク低下とは関係していない

■スポットライト
「新たな癌専門領域:癌長期生存者のフォローアップ」

■注目の臨床試験
「大腸ポリープ再発予防としてのセレニウム」




詳細はこちら(PDFファイルを別ウィンドウで開きます)

NCI Cancer Bulletinは、米国立癌研究所(National Cancer Institute)が隔週で発行しているオンラインニューズレターです。癌にかかわる研究成果をまとめています。詳細はNCIのサイトへ。


「NCIキャンサーブレティン日本語版」は、NCIから翻訳許諾を得て「がん翻訳ネットワーク」が翻訳・監修し、NPO法人キャンサーネットジャパンが配信します。翻訳文の著作権はがん翻訳ネットワークに帰属します。