ファイザーが4月に承認を取得した腎細胞癌治療薬スニチニブ(商品名「スーテント」)の薬価が決まった。6月4日の中央社会保険医療協議会で了承された。

 スニチニブは、12.5mgカプセルで8546.3円。適応は、「根治切除不能又は転移性の腎細胞癌」と「イマチニブ抵抗性の消化管間質腫瘍」(GIST)で、1日50mg投与であるため、1日に3万4185円となる。腎細胞癌では、既存薬としてソラフェニブ(商品名「ネクサバール」)があるため類似薬効比較方式で算出されたが、スニチニブはGISTの適応もあるため、有用性加算(II)(5%)が加えられた。