NCIキャンサーブレティン2008年3月4日号をお届けします。

■特集記事
「HER2乳癌に対する最善の治療を確立するALTTO試験」

■癌研究ハイライト
・癌リスクはホルモン療法終了後も持続
・ホルモン補充療法(HRT)は乳癌の発見を妨害する
・貧血薬による凝血と死亡リスクが試験で確認
・早期外陰部癌治療におけるセンチネルリンパ節郭清は安全である
・発展途上国の妊婦に拡がる喫煙の脅威

■特別レポート
「微小結節、大いなるジレンマ」

■FDA最新情報
「転移性乳癌へのベバシズマブ使用を承認」

■注目の臨床試験
「転移性大腸癌に対するベバシズマブ継続療法」


詳細はこちら(PDFファイルを別ウィンドウで開きます)

NCI Cancer Bulletinは、米国立癌研究所(National Cancer Institute)が隔週で発行しているオンラインニューズレターです。癌にかかわる研究成果をまとめています。詳細はNCIのサイトへ。


「NCIキャンサーブレティン日本語版」は、NCIから翻訳許諾を得て「がん翻訳ネットワーク」が翻訳・監修し、NPO法人キャンサーネットジャパンが配信します。翻訳文の著作権はがん翻訳ネットワークに帰属します。