子宮頸癌の予防ワクチンの1つである「Cervarix」(国内では承認申請中)の効果が最低でも6年以上は継続することが確認された。3月10日に英国GlaxoSmithKline社が発表したもの。ワクチンの持続期間の調査は継続中であるため、今後、さらに長期間の持続効果が示されることが期待される。

 子宮頸癌は、ヒト・パピローマ・ウイルス(HPV)の感染が原因で生じることが知られている。HPVにはいくつかの型が存在し、なかでも16型と18型は子宮頸癌の原因となる場合が多い。「Cervarix」(サーバリックス)はこの2種類のHPV感染を予防するワクチンだ。

 今回の試験では、ワクチン投与後平均76カ月が経過している776人の被験者を対象に、HPVに対する抗体価を調査した。被験者はワクチン投与時に15〜25歳であった女性だ。

 その結果、被験者全てが16型と18型のHPVに対する十分な抗体価を維持していたという。抗体価が十分に高いということは、この2つのHPVへの生体防御態勢が十分に高く、感染しないことを意味する。

 加えて、同ワクチンの投与により、HPV45型の感染が78%、HPV31型による感染が60%予防できていたという。

 HPVワクチンは、豪州などにおいて思春期前(12歳)の女子を対象に定期接種化が進みはじめている。長期間の効果持続が確認されれば、成人に達した後も継続してHPVの感染予防効果が得られ、子宮頸癌の激減に貢献すると期待される。