07年12月13〜16日、米国・サンアントニオで、第30回サンアントニオ乳がんシンポジウムが開催された。このシンポジウムは今回第30回の節目を迎え、世界80カ国以上から約8600人が参加した。そのうちの一人、癌研有明病院化学療法科乳がん担当部長の伊藤良則氏に、シンポジウムを振り返っていただいた。

 伊藤氏は、Early Breast Cancer Trialist's Collaborative Group(EBCTCG)による、世界中の臨床試験をメタアナリシスした最新結果をはじめとして、タキサンに関するメタアナリシスの発表を紹介。さらに、腫瘍の再生能力の源といえる乳癌幹細胞の、治療標的としての評価やラパチニブが乳癌幹細胞を減少させる効果を示した試験について語った。

 

続きはこちら(PDFファイルを別ウィンドウで開きます)