07年9月23〜27日、スペイン・バルセロナで第14会欧州がん学会(ECCO14)が開催された。学会に参加した国立がんセンター東病院呼吸器科医長の久保田馨氏に、肺癌分野に関して振り返っていただいた。

 久保田氏は、ECCOで発表されて注目を集めた、既治療非小細胞肺癌患者を対象にゲフィチニブとドセタキセルを比較したINTEREST試験を解説し、日本の診療への影響について語った。

 

続きはこちら(PDFファイルを別ウィンドウで開きます)