一方の乳房が癌と診断された患者に化学療法または抗エストロゲン剤(タモキシフェン)投与を行うと、もう一方の乳房に癌が発生するリスクが5〜10年間減少することが明らかになった。デンマーク癌学会のLisbeth Bertelsen氏らは、詳細を国立がん研究所(NCI)ジャーナル電子版に2007年12月25日に報告した。

 乳癌と診断された患者の、病巣のない乳房に癌が発生する(対側乳癌)リスクは、通常の2-6倍になる。無作為化試験の結果は、原発性乳癌に対するタモキシフェン投与と化学療法が対側乳癌リスクを下げることを示していたが、効果が持続する期間と、閉経の前か後かといった要因の影響は不明だった。

 そこで著者らは、ケースコントロール研究を実施した。1985-1999年に55歳未満で片側の非転移性浸潤性乳癌と診断された米国人とデンマーク人の女性を対象に、対側乳癌の発生率に対するこれら治療の影響を調べた。比較したのは、一方の乳房のみに癌が発見された1158人と、後に対側の乳房にも癌が発生した634人。

 化学療法は、これを行わなかった場合に比べ対側乳癌のリスクを43%減らしていた(対側乳癌発症の率比(RR)=0.57、95%信頼区間0.42-0.75)。リスク低減は最初の癌診断から最高10年間持続。また、効果は診断から1年以内に閉経した女性で顕著だった(リスクは72%減少、RR=0.28、0.11-0.76)。

 タモキシフェンは、これを使用しない患者に比べ、対側乳癌リスクを34%低減(RR=0.66、0.50-0.88)。リスク低減は診断から5年間有意だった。

 著者らは、これら治療の卵巣抑制効果が、おそらくは癌細胞に対する細胞毒性とともに、リスク低減に役割を果たしている可能性があると考えている。