非小細胞肺癌治療薬「タルセバ」

 12月12日に開催された中央社会保険医療協議会で、非小細胞肺癌治療薬エルロチニブ(商品名「タルセバ」)の薬価収載が決まった。12月18日に発売開始の予定だ。

 薬価は、25mg1954円20銭、100mgが7183円90銭、150mgが1万513円だ。

 エルロチニブの適応は、「切除不能な再発・進行性で、がん化学療法施行後に増悪した非小細胞肺癌」で、通常、150mgを1日1回の経口投与だ。症状によって適宜減量する。

 エルロチニブは、国内の臨床試験において、重大な副作用として間質性肺炎の報告がある。そのため、中外製薬は、適正使用推進のため、エルロチニブを使用予定の医療機関および医師に適正使用や全例調査の協力について説明をした後に納入する予定だ。まずは、慎重な船出となりそうだ。