米食品医薬品局(FDA)のOncologic Drugs Advisory Committee(ODAC)が、局所再発や転移性HER2陰性乳がんで化学療法を受けていない患者に対するベバシズマブとパクリタキセルの併用治療に関して有効性の確立にはデータが不十分だとする勧告をまとめた。米Genentech社が12月5日に発表した。

 FDAはこの勧告を必ずしも従う必要はないが、2008年2月23日までに、今回申請されたベバシズマブの適応追加に関して結論を出す予定だ。