2008年下半期(8月〜12月)の間、癌Expertsでよく読まれた記事トップ20をお知らせします。

 Part.2の今回は、1位から10位までです。

第1位 悪性リンパ腫の治療戦略をアップデートする【臨床腫瘍学会2008】


第2位 肝細胞癌スクリーニングに新たなMRI造影剤登場


第3位 世界一進んでいるわが国の大腸癌治療【消化器外科学会2008】


第4位 乳癌診療の未来は明るい【乳癌学会2008】


第5位 5種ペプチドの大腸癌ワクチンがフェーズ1臨床試験で良好な結果【癌学会2008】


第6位 わが国のセンチネルリンパ節生検は同定率と安全性が高い【乳癌学会2008】


第7位 胃癌取扱い規約が全面改訂へ、分類のみの記載に簡素化【胃癌学会2008】


第8位 手術だけが突出していてはいけない【癌治療学会2008】


第9位 前立腺がん検診は、厚労省GL案で逆風を受けた【泌尿器科学会2008】


第10位 国内第3相試験でパロノセトロンは遅延性悪心・嘔吐を予防【ESMO2008】








閲覧ランキングは、2008年に癌Expertsに掲載された全ての記事を対象としています。