2008年下半期(8月〜12月)の間、癌Expertsでよく読まれた記事トップ20をお知らせします。

 Part.1の今回は、11位から20位までです。

第11位 運動が乳癌による死亡リスクを軽減


第12位 大腸癌へのベバシズマブ+イリノテカン+S-1のフェーズII試験の中間評価が発表【癌治療学会2008】


第13位 米国でPSAによる前立腺癌検診は75歳以上には行わないことを推奨


第14位 乳癌治療の選択肢を拡大【乳癌学会2008】


第15位 これからの肺癌治療はどう変わるのか?──ASCO2008を振り返る【呼吸器学会2008】


第16位 ピリドキシンがカペシタビンの手足症候群を抑える可能性【乳癌学会2008】


第17位 同時多発肺腺癌の発生にEGFR遺伝子変異が関与か【肺癌学会2008】


第17位 ハーセプチンが乳癌術後補助療法に適応拡大


第18位 「大腸癌治療ガイドライン」はこう変わる【大腸肛門病学会2008】


第19位 イレッサは患者を選べば肺癌のファーストラインに成り得る【ESMO2008】


第20位 胃癌術後再発時期は中央値1年を超えるが、1年以内の再発が4割という報告も【胃癌学会2008】

 



閲覧ランキングは、2008年に癌Expertsに掲載された全ての記事を対象としています。