第3次対がん総合戦略研究事業「患者・家族・国民の視点に立った適切ながん情
報提供サービスのあり方に関する研究(厚生労働科学研究費補助金)」研究班が、5月31日に、「当事者と医療関係者のよりよいパートナーシップを求めて」〜専門職はがん当事者グループの運営にどう協力できるか〜というワークショップを開催する。

 癌当事者グループの立ち上げに必要な要素やグループの運営上の課題について、医療関係者が具体的にどう協働できるかを考えるワークショップだ。国立がんセンターで開催する。

 対象は、癌当事者グループの運営に携わっている人と医療関係者だ。5月31日(土)9:30より国立がんセンター管理棟1階特別会議室で。参加費は無料で、参加申し込みは国立がんセンターがん対策情報センターがん対策企画課の大松重宏氏、sohmatsu@ncc.go.jp まで。