X 精神科コンサルテーションの方法
 精神科・心療内科コンサルトの際「精神科はこで、何らかの効果的な方法を考えなくてはならない。

 精神科に受診することが、その患者の苦悩の原因になるかという問題に関して、適切な診断と説明を受けた場合には問題がないといわれている。また、多くのうつ病患者は「こんなに楽になるのなら、早く受診すればよかった」と言うことも多いので、積極的に受診を勧めたい。

 方法としては、心と身体は一つのものであること、がん治療で心の問題は切り離せないものであること、がんの心のケアの専門家に話を聞くのも治療のひとつと言ってみるなどの工夫が必要だろう。

*                        *                        *

 化学療法の際に注意すべき精神症状とその対策について述べた。多くの患者がうつ病をはじめとした精神症状に苦しんでいる。これらを軽減することが医療者に課せられた義務であると考えている。

 本稿が皆様のお役に立てば幸いである。

[引用文献]
1) Block SD. Assessing and managing depression inthe terminally ill patient. Ann Intern Med. 132:209-18, 2000.

2) Colleoni M, Mandala M, Peruzzotti G,et al.Depression and degree of acceptance of adjuvantcytotoxic drugs. Lancet. 356:1326-1327, 2000.

3) Endicott J: Measurement of depression in patientswith cancer. Cancer 10( Suppl): 2243-2249,1984.

4) Uchitomi Y, Mikami I, Nagai K,et al. Depressionand psychological distress in patients during theyear after curative resection of non-small-celllung cancer. J Clin Oncol. 21:69-77, 2003.

5) Early Breast Cancer Trialists' CollaborativeGroup. Polychemotherapy for early breastcancer: an overview of the randomised trials Lancet 352: 930-942, 1998.

6) Akizuki N, Yamawaki S, Akechi T,et al.Development of an Impact Thermometer for usein combination with the Distress Thermometeras a brief screening tool for adjustment disordersand/or major depression in cancer patients. J PainSymptom Manage. 29: 91-99、2005

7) Appelbaum PS and Grisso R Assessing patients.capacities to consent to treatment. N Engl J Med319: 1635-1638, 1988.

8) Okamura M, Akizuki N, Nakano T,et al. Clinicalexperience of the use of a pharmacologicalt reatment algor ithm for major depressivedisorder in patients with advanced cancer.Psychooncology. 17:154-160, 2008