医師:体調はいかがですか

患者:なにしろ体が動きません

医師:(家族に)いかがですか

家族:もともと元気だった母が家事も出来なくなり困っています

 本人の訴えは、めまい、ふらつきなど身体症状が主であったが、問診により抑うつ気分、興味・意欲の低下、睡眠障害、食欲低下、精神運動抑制、全身倦怠感が2週間以上継続し、うつ病の診断基準(表1)を満たしており、うつ病と診断した。

 本人と家族対し、様々な身体症状があるが、精神科診断としてはうつ病であり、抗うつ薬の服用および安静が必要と説明した。また、中断しているホルモン療法は、うつ病の回復後に再考するのが良いと伝えた。

 薬物療法としては四環系の抗うつ薬であるミアンセリン20咾鯡価阿謀衢燭靴拭

【治療経過】(図1)

<1週後>
医師:いかがですか

患者:眠れるようになりました

 抗うつ薬投与による副作用もみられないためミアンセリン30咾冒量。

<2週後>
患者:よく眠れます。めまい、ふらつきも楽になりました

 副作用も認められないのでミアンセリン40mgに増量。

<3週後>
医師:いかがですか

患者:食欲が出てきました

医師:だるさはどうですか

患者:楽になっています。先生、もう一度ホルモン療法を試してみたいと思います

医師:精神科としては大丈夫ですよ

患者:それでは(担当医の)先生と相談します

<4週後>
医師:どうなりました?

患者:治療を再開しました

医師:めまい、ふらつきは出ます?

患者:出ません。最近は以前より元気になったといわれます

医師:よかったですね

 この時点でうつ病は寛解と判断した。以後、うつ病が再発することはなかった。