疼痛管理、抑うつ対策の基本戦略は確立しつつある。残されたがん終末期医療への課題が悪液質だ。食べても、食べても痩せてしまうこの病態はがんの進行末期によく見られる現象とされ、これまで有効な介入方法がないとされてきた。しかし悪液質の本態が恒常的に続く炎症であることが明らかになり、食事と薬剤を使った抗炎症治療の試みが始まっている。炎症は末期だけではなく、早期がんでも見られることから、進行や再発に影響している可能性も出てきた。


癌研有明病院の向山氏はがん悪液質ががん医療のフロンティアだと強調する

 がんが進行すれば身体がやせ細る――。
一見当たり前のことのようだが、実は奥が深いテーマでもある。進行したがん患者では、外見は筋たんぱく質の崩壊・萎縮、肝臓への負担が影響してアルブミン値が低下、脂肪組織も減少、食欲を促すグレリンの分泌も低下、胃の運動も低下する。

 がんに伴う体重減少は「がん関連体重減少」(CAWL)と「がん誘発性体重減少」(CIWL)に分けることができる。CAWLは、消化管の狭窄・閉塞、治療による食欲不振、告知による精神ストレスを背景とした摂食不良が原因で、十分なたんぱく質とエネルギーの補給により改善可能だ。特に消化管の閉塞には向下垂体前葉ホルモンのオクトレオチドが導入され、以前に比べて治療が容易になった。

解明されてきた悪液質の正体
 問題となるのはCIWLだ。「通常の栄養管理では体重の改善・維持は不可能」と癌研有明病院緩和ケア部長の向山武人氏は指摘する。同氏がまとめたCIWLの病態は図1のようになる。最も重要な点は、CIWLの原因が、がん細胞によって能動的に分泌される炎症性サイトカインやホルモンによる代謝異常にあるという点だ。

 炎症性サイトカインが恒常的に過剰に分泌されることによって、全身に炎症が広がる。言い換えると悪液質症候群は炎症という基礎の上で展開されるイベントということになる。サイトカインは免疫細胞間の制御を仲介する液性因子として発見されたが、インターロイキン(IL6)、IL1、腫瘍壊死因子(TNF)αなどは炎症反応を誘発することから、炎症性サイトカインと呼ばれる。これらサイトカインは神経系に作用し、がん患者を悩ませる精神症状の増悪にも関係している。このように悪液質の特徴的な症状の多くがIL6など炎症性サイトカインの作用として説明できるようになりつつある。

スピリチュアルペインとは?悪液質の陰が助長している可能性も

 がん患者の社会的な苦痛を表現するスピリチュアルペインの背景因子として、倦怠感に苛まれている、また筋力が衰えて寝たきりになる……などがある。これはまさに悪液質の要因と重なっている。スピリチュアルペインは宗教などの文化的歴史的な価値観が反映されることから日本人の患者では定義されにくいという指摘もあったが、向山氏によれば、悪液質の進行した状態とよく符号するという。スピリチュアルペインと諦めることなく、悪液質に学んだ対策が奏功するかもしれない。