ボランティア先 : 
Ayuda Planeta/IICD (Institute for International Cooperation and Development)
ボランティアの場所 : 
ニカラグアとグアテマラ
留学時期 : 
2001年1月−7月
留学先で取得できる学位・資格 : 
なし
専門 : 
セックスワーカーたちへのエイズ予防教育
村の子供たちへのスポーツ、アート教室
ボランティア先のウェブサイト : 
http://www.iicd.org/
ボランティア先の簡単なサマリー : 
アメリカのPeace Corps(青年海外協力隊)はアメリカ国民でないと参加できないため、大学中1年休学してIICDを通してボランティアをすることにしました。最初の半年は現地の歴史を習ったりしながら、6000ドルの資金を募金活動で集めました。次の半年間は、中米で実際にボランティア活動をしました。人生感が変わりましたし、私のハートの一部は今でも中米にあると言えます。かけがえのない体験ではあったが、その資金がプロジェクトにまわってこない(お金が消える)など、トラブルが大変多かったので、この団体はあまり人には勧められないかもしれません。現在、IICDはアフリカ行きのプログラムのみで、中米行きはやっていないようです。
願書以外に必要なもの(例:エッセイ・GRE・TOEFL・推薦状など) : 
なし
年齢18才以上
ボランティア参加にかかった費用 : 
約5000ドル(募金の6000ドルとは別に)
ボランティア先での居住環境(寮・賃貸・家賃など) : 
1部屋2−3人の寮。
回答者
緒方 さやか 氏
(2001)

※本コーナーは、回答者の当時の情報を基にしています。最新の情報は、WEBサイト等で個別にご確認ください。臨床+αでは、当サイト内の情報に起因するトラブルに関しては責任は負いかねます。