留学先の場所 : 
ボストン、アメリカ合衆国
専門 : 
公衆衛生学(Family and Community Health専攻)
留学先で取得した学位 : 
Master of Public Health
留学先のウェブサイト : 
http://www.hsph.harvard.edu/
留学先の特徴・売り : 
健康増進と疾病予防に焦点を置いたコース。
留学準備
願書締め切り日 : 
当時は12月15日(最終〆切り2月15日)
願書以外に必要なもの(例:エッセイ・GRE・TOEFL・推薦状など) : 
TOEFL・GRE・Personal Statement・推薦状・大学の卒業証明書と成績証明書
受験予備校や主なテキスト名 : 
TOEFLやGREの公式問題集
準備期間 : 
1年半前から(TOEFL受験と奨学金応募開始)〜 
留学先へ入るためのアドバイス(自身の経験から)  : 
Personal Statementには、学生時代からの社会活動について書きました。推薦状は、上司、学生時代の恩師に加え、英語力を証明してもらうためnativeにもお願いしました。
印象に残っているコース名(いくつでも) : 
Seminar in Clinical Epidemiology、Society and Health、Practice of Family and Community Health
学費(学位取得までにかかったもの) : 
なし(JJ/WBGSPから直接納付)
留学中の生活費(月単位あるいは年単位でだいたいの額) : 
1300ドル以内(JJ/WBGSPの支給額)
年数(学位取得まで) : 
9ヶ月
奨学金など経済的援助元(もしあれば) : 
・日本/世界銀行共同大学院奨学金プログラム(Joint Japan/World Bank Graduate Scholarship Program:JJ/WBGSP)
・ロータリー財団国際親善奨学金
奨学金獲得方法 : 
公募
留学先での居住環境(寮・賃貸・家賃など) : 
HSPH学生2人と共同で一軒家を借りシェア
(一人あたり家賃550-600ドル/月)
回答者
H.M.氏 [2003年〜2004年在学]

※本コーナーは、回答者の留学当時の情報を基にしています。最新の情報は、WEBサイト等で個別にご確認ください。臨床+αでは、当サイト内の情報に起因するトラブルに関しては責任は負いかねます。