留学先の場所 : 
Harvard School of Public Health
Boston, MA
専門 : 
疫学
留学先で取得した学位 : 
Master of Science
留学先のウェブサイト : 
http://www.hsph.harvard.edu/
留学先の特徴・売り : 
優秀で豊富なスタッフ、人脈。
Master of Science はMPHに比べると、倫理やヘルスケアポリシーマネージメントの単位を取得する必要がありませんので、より自分の学びたいことに集中できます。自分の進んできた道からすれば、より専門的であるという観点からメリットがあったと思いますが、MPHにも臨床研究の方法論にフォーカスするプログラムもあり、9ヶ月の修士ではそれ程学べることに違いはありません。MPHはそれだけで、どんな学位かわかりますが、MScでは何かわかりにくいこともあり、その理由でMPHを好む人もいるようです。
留学準備
願書締め切り日 : 
http://www.hsph.harvard.edu/Web pageを参考にして下さい
願書以外に必要なもの(例:エッセイ・GRE・TOEFL・推薦状など) : 
エッセイ、推薦状、GRE、TOEFL
受験予備校や主なテキスト名 : 
特に利用せず
準備期間 : 
数年
留学先へ入るためのアドバイス(自身の経験から)  : 
入るのはそれ程、難しくありませんし、出るのもそれ程難しくありませんが、はかかりますので、できれば奨学金を早めに抑えておくことが大事です。入学の勉強に集中していると私のように手遅れになり、後で泣くことになります。
印象に残っているコース名(5つくらい) : 
Biostatistics(生物統計学)、Epidemiology(疫学)
学費(学位取得までにかかったもの) : 
http://www.hsph.harvard.edu/Web pageを参考にして下さい
留学中の生活費(月単位あるいは年単位でだいたいの額) : 
月額 30万円程度
年数(学位取得まで) : 
MDがあれば、1年間
奨学金など経済的援助元(もしあれば) : 
私は利用しませんでしたが、奨学金は色々ありますので、事前に手配することをお勧めします。
留学先での居住環境(寮・賃貸・家賃など) : 
賃貸アパート 1BR (家具なし)。
HSPHには寮もあります。多国籍の友達も沢山できるし、勉強も助けあえるので、寮(といっても、1BRのアパートの一室と変わりません。2BRをシェアもできます。家族でも入れます。)の方が良かったかなとも思います。2年のフェローの時は外国人3人でアパートをシェアしましたが、お金の節約になるし、広いからパーティなどもできるし、楽しかったです。でも、大学院の時代にはそんなゆとりも無かった感じです。
回答者
内田 毅彦 氏 [2002年〜2003年在学]

※本コーナーは、回答者の留学当時の情報を基にしています。最新の情報は、WEBサイト等で個別にご確認ください。臨床+αでは、当サイト内の情報に起因するトラブルに関しては責任は負いかねます。