留学先の場所 : 
米国ミズーリ州セントルイス
専門 : 
医療倫理、特許法
留学先で取得した学位 : 
JD
留学先のウェブサイト : 
http://www.wustl.edu/
留学先の特徴・売り : 
米国トップ20に入るロースクール。特に裁判、ADR、医療倫理や日本法に強く、近年では特許法も全米で注目されている。教授陣が身近で気軽に接することが出来る。
留学準備
願書締め切り日 : 
http://law.wustl.edu/admissions/index.asp?id=92 参照
願書以外に必要なもの(例:エッセイ・GRE・TOEFL・推薦状など) : 
LSAT, TOEFL、推薦状など(詳細は上記ウェブサイト参照)
受験予備校や主なテキスト名 : 
Princeton Review (LSAT)、書店で販売されているLAST過去問集
準備期間 : 
早ければ早いほど良い(LASTは年4回しかないので、最低3ヶ月は見た方が良い)。
留学先へ入るためのアドバイス(自身の経験から)  : 
LSATでのスコアと早めに応募すること(殆どのロースクールは記載なくともローリング・アドミッションなので、締め切りが2月や3月でも年内には応募しておく方が良いとされている)。
印象に残っているコース名(5つくらい) : 
Torts (Jane Aiken)、Copyright and trademarks (Charles McManis)、Patents (Scott Kieff)、Transnational litigation (John Haley)
学費(学位取得までにかかったもの) : 
生活費込みで年間5万ドル(約500万円)必要。但し、夏休みにローファームなどでのインターンを確保出来ればひと夏でもそれなりの給料は貰うことが出来る。
留学中の生活費(月単位あるいは年単位でだいたいの額) : 
生活スタイルによって左右されますが、旅行などの娯楽抜きで、毎月約12万円程度必要(家賃月8万円で計算)。
年数(学位取得まで) : 
3年
奨学金など経済的援助元(もしあれば) : 
東京大学卒業生ならマクダネル・アカデミーが学費全額支給・生活費年間25000ドル支給というフェローシップあり(http://mcdonnell.wustl.edu/
奨学金獲得方法 : 
上記ウェブサイト参照(全てオンライン)
留学先での居住環境(寮・賃貸・家賃など) : 
キャンパス近辺のアパートを賃貸するのが一般的
回答者
加藤 良太朗 氏 [2004年〜2007年留学]

※本コーナーは、回答者の留学当時の情報を基にしています。最新の情報は、WEBサイト等で個別にご確認ください。臨床+αでは、当サイト内の情報に起因するトラブルに関しては責任は負いかねます。