進学先 : 
東京医科歯科大学医療管理政策学大学院(社会人大学)
進学先の場所 : 
東京
専門 : 
医療政策学
進学先で取得した学位 : 
MMA(医療政策学修士)
進学先のウェブサイト : 
http://www.tmd.ac.jp/cmn/daigakui/Admin_Office/bosyuyoukou/master/H19/syushimma.htm
進学先の特徴・売り : 
社会の第一線で活躍する医療関係者に管理者としての社会人教育を行おうとするコース。現在の医療系大学院教育の内容だけではリーダーあるいは組織管理者としては、生命科学内外の全般的な教育の不足しているため、全般的な見識を獲得できる環境の整備、医療政策面にもリーダーシップを発揮できる医師・研究者を養成することを目的として作られた教育プログラム。医療現場からのオピニオンリーダーを養成するとの視点もあり(大学院報告書より抜粋)。
進学準備
願書締め切り日 : 
10月〜11月
願書以外に必要なもの(例:エッセイ・GRE・TOEFL・推薦状など) : 
担当教官と事前に面接。
進学先へ入るためのアドバイス(ご自身の経験から) : 
社会人大学なので働きながら通うことが可能ですが、それでも時間、体力ともに厳しくなります。勤務先や担当教官の方と事前によく相談が必要。基本的に自主性を重んじるので、通う目的が明確でないと希望するものが得られない可能性があります。
印象に残っているコース名(いくつでも) : 
危機管理、医療と法律、医療保険制度、医療と倫理、医療政策、世界の医療制度、情報管理、医療とIT、医療思想と文化、経営戦略と組織管理など
学費(学位取得までにかかったもの) : 
130万くらい
年数(学位取得まで) : 
2年(医療管理学は1年で可能)
回答者
山田 恵子 氏
整形外科医師/オールアバウト女性の健康ガイド/(株)サラトガ・パートナーズ取締役

※本コーナーは、回答者の留学当時の情報を基にしています。最新の情報は、WEBサイト等で個別にご確認ください。臨床+αでは、当サイト内の情報に起因するトラブルに関しては責任は負いかねます。