進学先 : 
London School of Hygiene & Tropical Medicine
London School of Economics and Political Science
進学先の場所 : 
London School of Hygiene & Tropical Medicine: Keppel Street, London WC1E 7HT, UK
The London School of Economics and Political Science: Houghton Street, London WC2A 2AE, UK
専門 : 
Health Policy, Planning & Financing
進学先で取得した学位 : 
Master of Science (予定)
進学先のウェブサイト : 
大学院 http://www.lshtm.ac.uk/
学部:http://www.lshtm.ac.uk/prospectus/masters/mshppf.html
進学先の特徴・売り : 
このコースは上記2校のジョイントプログラムであり、公衆衛生大学院での授業と社会科学系大学院での授業を受講でき、両校の教授陣、英国最大級の図書館を含めた施設を利用できることが特徴。学校の特徴は前者がより実務重視、後者がより分析・理論重視。政策に関しては英国というよりもヨーロッパ各国の政策を実証研究と理論を元に学習することを中心に、開発を意識した途上国の医療政策も学ぶことができる点が魅力。
進学準備
願書締め切り日 : 
毎年10月よりローリングアドミッション(順次合格を出す方法)
願書以外に必要なもの(例:エッセイ・GRE・TOEFL・推薦状など) : 
エッセイ、英語能力証明(IELTSもしくはTOEFL)、大学の成績証明・学位証明、推薦状2通(アカデミックと職場より1通づつ)
受験予備校や主なテキスト名 : 
Cambridge IELTS 5 Self-study
大学院留学のためのエッセイと推薦状 カーティスSチン
準備期間 : 
2年
進学先へ入るためのアドバイス(自身の経験から)  : 
エッセイで自分が何をしたいのか、今まで何をしてきたのか、どうしてこのコースなのか、どう貢献できるかを明確に書き、しっかりした推薦状があれば入学許可自体えられると考えます(自分の経験とクラスメートの経歴・話しから)。私は仕事をしながらの準備で英語能力試験突破が苦労しました。試験のテクニック的面がありますので、短期間で一気に学習してしまうことをお薦めします。
印象に残っているコース名(いくつでも) : 
Financing Health Care (Elias Mossialos)、Foundation of Health Policy (Julian Le Grand)、Health Policy: Process & Power (Justin Parkhurst)、Health Economics (Alistair McGuire)
学費(学位取得までにかかったもの) : 
おおよそ£16,000(予定)(うち学費£14,160)
£1=\230としておおよそ368万円
進学中の生活費(月単位あるいは年単位でだいたいの額) : 
月額30万(家賃込み:家族3人です)
年数(学位取得まで) : 
1年(更に1年予定)
奨学金など経済的援助元(もしあれば) : 
1.グラクソ・スミスクライン国際奨学金
2.British Council Japan Association(BCJA)奨学金
奨学金獲得方法 : 
1.ウェブサイト参照:
http://www.britishcouncil.org/jp/japan-science-exchange-glaxosmithkline.htm
英国留学が対象。日本語と英語の両方で申請書を提出。留学先からオファーをもらっていることが条件。申請書はそれまでの研究を書く欄があり、学会発表とその詳細、論文原本を添付しました。推薦状は1通必要。
2.ウェブサイト参照:
http://www.bcja.net/scholarship_guide.html
英国留学が対象。
進学先での居住環境(寮・賃貸・家賃など) : 
賃貸:1ベッドルーム1スタディ 居間台所バストイレ
回答者
富塚 太郎 氏 [2008年現在在学中]
ロンドン大学衛生熱帯医学大学院/政治経済学大学院勤務

※本コーナーは、回答者の進学当時の情報を基にしています。最新の情報は、WEBサイト等で個別にご確認ください。臨床+αでは、当サイト内の情報に起因するトラブルに関しては責任は負いかねます。