「+αな人」に登場してくださった方々を中心に約40名にお集まりいただきました。 日本の医療に対する熱い思いを語り合い、あっという間の3時間でした。

もともと今回は、東京医科歯科大学医療管理政策学大学院(Master of Medical Administration:MMA)で学ぶ方々との交流会を企画したのがきっかけでした。日ごろ「臨床+α」がお世話になっている方々にお声をかけたところ、あっという間に参加者が膨れ上がりました。 「臨床+α」が立ち上がって約2年。頼もしい仲間がどんどん増えていることを実感し、感激もひとしおでした。

注目すべきは、人数が増えていることだけでなく、ひとりひとりが知見を更に深め前進している姿でした。「+αな人」に登場していただいた時には在学中または就職してまもなくだった方が、次のステップへ進まれていたり、より大きな課題に取り組まれていたり、他業界を経験された後に再び臨床で活躍されていたりと、新たな話題も盛りだくさんでした。ビジネス、政策、教育など幅広いジャンルにまたがって、医療を良くするための「智恵」が確実に積まれていることを感じました。

臨床+αではこのような交流会を今後も続けていきます。これからの日本の医療を担っていく人たちが、情報交換して勇気を分かち合う、そんな場を提供し、+αな人たちを今後も応援していければと願います。


・+αの道「MMA@東京医科歯科大学医療管理政策学大学院」のご紹介はこちら
http://medical.nikkeibp.co.jp/inc/all/rinshoplus/ways/200805/506388.html

・交流会についてのご意見・ご感想・ご要望等ありましたら、下記までお寄せください。
info@rinshoplus.com