本社から、自転車15台と電動自転車4台が届いた。ガソリン不足で車が使えず、MRたちは自転車で医療機関を訪問した。

コールセンターも平常対応
 本社の震災対応チームは、こうしたMRたちの活動を全面的にバックアップした。被災地で医療機関を訪問するMRと家族のために、水や米、食料品のほか、懐中電灯や電池、使い捨てカイロ、電気ポット、カセットコンロなど多くの支援物資を、仙台事業所などに届けた。ガソリン不足から車での移動が困難との報告を受け、自転車も19台送った(写真)。

 医薬品に関する問い合わせに対応する「ノバルティスダイレクト」も活躍した。医療関係者や患者からの電話やファクス、メールなどによる質問を受けるコールセンターだが、スタッフが自宅でも対応できるような体制を整えていたことが功を奏した。

 当時、災害に関連する医療関係者からの問い合わせが多かったが、首都圏では大規模な計画停電が実施され、多くの企業は対応時間を短縮するなどの措置を取った。しかし同社は、自宅での問い合わせ対応が可能だったため、「通常通り午前9時から午後6時までの問い合わせに対応できた」(永田氏)。

 そのノバルティスダイレクトに3月16日、一通のメールが届いた。福島県に住む患者の家族からのもので、「タシグナ(一般名ニロチニブ)を服用しているが、手元にある薬がわずかになった。いつも薬をもらっていた薬局が原発事故により避難勧告を受けたため、薬が手に入らない」という内容だった。その情報は震災対応チームに届いた。「色々な手段を講じ、異例のことだが自衛隊のヘリが患者の元に薬を届けてくれることになった。患者の命と健康に貢献するという製薬企業の使命が果たせた」と永田氏は言う。

「沿岸地域の復興を見届けたい」
 今回の地震で、安否確認に苦労した反省点を踏まえて、同社の医薬品事業部営業本部では、災害時の安否報告と対応指示や連絡などの流れを示した「緊急時における営業部門の対応ガイドライン」を作成した。また、仙台事業所では、「がんばろう東北」と書いたオリジナルベストを着て、気持ちを一つにして医療機関のサポートと復興支援に当たっている。

 橋場氏が担当する気仙沼市医師会内の44軒の医療機関のうち、建物が使えなくなったのは29軒。いまだに仮設の建物で診療を行うところもあるが、2012年5月までに36軒の医療機関が診療を再開した。地震後、患者で溢れかえっていた医療機関も、今では落ち着きを見せている。MRの仕事も、震災以前の薬のプロモーション中心に戻った。

 しかし、「沿岸地域では漁業が打撃を受け住民が減り、患者数も減っている。借金して診療所を建て直したところもある」と橋場氏。被災地の医療機関ではまだまだ課題が山積みだ。沿岸地域を担当して4年になる橋場氏は、「医療と人々の生活の復興を見届けたい」と話している。

石垣クリニック内科・循環器科(東松島市)院長 石垣英彦氏
「困っていることはないかとMRが訪ねてきてうれしかった」
 津波で診療所の1階部分が浸水し、翌日からはスタッフとともに避難所で診療を行った。さらに14日には保健センターに救護所を作り、診療を行った。多くの患者が押し寄せ、1日140〜150人を診続けた。その後、近隣の医師や医療者が駆けつけてくれて、医師3人体制で患者を診ていた。
「人と人とのつながりの大切さを改めて感じた」と話す石垣クリニック内科・循環器科の石垣英彦氏。
 薬がない、かぜをひいた、眠れないといった患者が多かった。十分な検査もできず薬もない中で、医師として何もできない自分に歯がゆさを感じたのも事実だ。しかし、被災して不安におびえる人たちに、「近くに医者がいるよ」と安心を届けることも医師の役割だと認識して診療に当たった。
 医療者も被害を受けなかった者は一人もいなかった。近しい人が亡くなったり、家族と連絡が途絶えたままのスタッフもいた。しかし、誰もが献身的に医療を提供し続けていた。それは、医療者としてのプロ意識であり、本能のような行動だったと思う。
 私も含め、医療者はみんな必死だった。そんなときに、顔なじみのMRが訪ねてくれて「困っていることはないですか」と聞いてくれたことは、私にとって非常にうれしい出来事で、何もかもが変わってしまったあの状況の中で、日常を感じることができる大切なひと時だった。私にとって大きなエネルギーになった。
 震災時のMRの活動についてあえて私の希望を述べるとしたら、一つには、震災時には複数メーカーが連携して医療機関を支援してもらうと助かる。こちらから、この支援はA社にあの支援はB社にと分けてお願いするのはなかなか難しいからだ。
 使い慣れない薬の情報も必要だった。例えば、私は循環器科が専門だが、当時、抗うつ薬が必要な患者が多く、精神科の医師に紹介するのが難しい状況だった。そんなときに専門情報を得られる体制があればありがたいと思った。
先輩の医師から届いたメモ。「メモが届いたときには本当にうれしかった。気持ちを支えてくれた」(石垣氏)。
 さらに、いろんな情報を伝達する役割をMRが担ってくれると助かる。当時、一番困ったのは、電話が使えず連絡が取れないことだった。先輩の医師から、ある老人ホームに体調を崩した高齢者が多くいるので「診察に行ってほしい」と連絡が届いた。「自分たちは元気でやっている」というメモとともに、その連絡を届けてくれたのは介護スタッフだった。そのメモは、大きな支えになった。(写真)。
 通信手段がないと、何かを伝えるには誰かが動かなくてはならない。万が一の場合、その役割をMRが担うことは意味のあることだと思う。(談)