日経メディカルは震災後、被災地に取材班を幾度も派遣、現地の医療復旧を取材してきた。昨年4〜6月に撮影した写真と、今年2月撮影の写真との比較から、復旧・復興の状況を見てみた(その1は、こちら)。


岩手県立高田病院付近

国道340号線から津波に飲まれた高田病院、高田松原方面を見る。
がれきが撤去され、盛り土工事も始まった。仮設病院は別の場所でオープン。

岩手県立山田病院

1階が浸水し、2階で医療支援チームが被災者の診療に当たっていた。
現在病院は閉鎖され、高台の仮設診療所に移転した。