3月11日の東日本大震災の発生時、八戸市民病院救命救急センターで勤務に当たっていた今明秀氏。同センターはドクターヘリやドクターカーが配備され、災害派遣医療チーム(DMAT)として稼働できる部署。地震発生以降、どのような状況に直面したのか、今氏の許可を得て掲載する。

 八戸市民病院救命救急センターのスタッフブログ「青森県ドクターヘリ スタッフブログ」http://doctorheli.blog97.fc2.com/


ガソリンの給油待ちで渋滞中の八戸市内。

震災当日に盛岡へ向かってドクターカーで出動した八戸DMAT隊は、
2日目に大船渡病院で支援活動を行い、3日目の未明に八戸へ帰着した。

震災3日目、青森県ドクターヘリは県内で2回出動後、岩手県へDMATとして出動。
さらにこの夜、ドクターカーで第2陣のDMAT隊が久慈方面へ出動した。

そして震災4日目の朝。
ラピッドドクターカーのスタンバイ前の午前7時15分。
前日は私が当直する月曜日、急患で盛り上がったまま朝を迎えた。
相変わらず余震が来る。

ドクターヘリ通信司令室のテレビを、同じく当直の光銭医師と見ていた。
すると、ドクターヘリ通信司令室で常に傍受している消防無線から、気になる通信が聞こえてきた。
「場所は八戸○○、意識がない男性。救急○○出動、ドクターカー同時要請する」

私はERで、八戸消防への直通ホットラインの受話器を取った。
呼び出し音を聞く間もなく、消防通信指令室が応じる。
「八戸ラピッドドクターカー出動できます。場所は?…了解、これより出ます」
昨夜から当直の安部医師は、すでに準備を済ませていた。「お供します」

八戸ラピッドドクターカー1号RAV4は、赤いLEDとサイレンで出動した。
病院の正門を出ると、車の列が続いている。
普段ならばまだ車が少ない朝7時すぎ。車が渋谷の公園通りのように、両側に列を作っていた。
ほとんど動かない渋滞。こんなのは八戸で初めてだ。

病院前の通りは、200mごとにガソリンスタンドが並んでいる。
渋滞の原因は、ガソリンの給油待ちだった。

国道45号線はさらにひどかった。
片側2車線の道路が3車線になっていた。したがって路肩がない。
ドクターカーは、ウーウーとサイレンを鳴らして、拡声器で叫び、苦労しながら前進した。
八戸中の車の半分が、この国道に集まっているのではと思うほどの渋滞だった。

八戸市内の製油所も、津波や地震で被害を受けている。
ここより南の東北は全滅だという。
早く八戸の製油所が復旧してほしい。
早く八戸の港が復旧してほしい。
東北の正常化には、北の玄関口、八戸が鍵を握っている。

ドクターカーは現場到着、救急車に乗り移る。患者はCPA(CardioPulmonary Arrest;心肺停止)。
安部医師は気道確保、私は静脈ライン、救急隊はCPR(CardioPulmonary Resuscitation;心肺蘇生法)。
ACLS(Advanced Cardiovascular Life Support)を開始して、搬送。

・・・・

2件目のドクターカー出動も、午前中だった。患者はまたもCPA。
ガソリン完売のスタンドが目立つせいか、渋滞はずいぶん収まっている。

「声門が見えません。気管挿管が難しい」丸橋医師がうめく。
「それじゃ、ガムエラスティックブジーだ」
私は、青い救急バッグの「B」と書かれたポケットを開けた。「B」は呼吸の意味。
細長いガムエラスティックブジーを取りだして丸橋医師に渡す。
銀色の喉頭鏡を左手に、茶色のガムエラスティックブジーを右手に持ち、注意深く正中に沿ってブジーを進める。気管分岐部に当ってブジーが止まれば、うまく気管内に入った証拠だ。

「distal holdup sign(ガムエラスティックブジーは先端が固く、曲がった形をしている。ブジーが気管支に入ると咳が出たり、抵抗を感じる)です。気管チューブ進めます」丸橋医師。
うまく7mm気管チューブが入った。予想通り、痰が湧き出てくる。
患者にACLSを行いながら、八戸ERへ向かった。

八戸DMATは岩手へ救援に向かう。
もちろん、八戸も被災地だ。
八戸の医療をおろそかにするはずがない。
岩手も八戸も、両方救う。

【編集部からのお願い 被災地の状況をお知らせください】
 日経メディカル オンライン(NMO)では、東北地方太平洋沖地震の被災地で奮闘している医療従事者の方々からの情報発信、および被災地で役立つ医療・保健情報の収集に努めています。これらを、被災地の医療現場に還元することで、及ばずながらも被災者を支援していきたいと考えています。

 被災地で尽力されている医療関係者で、現地の状況についてお伝えいただける方、また、被災地での医療対応に役立つ情報ソースをご存知の方は、ぜひ下記まで情報をお寄せください。その際には、もし可能であれば、勤務先の医療機関名や専門科目、掲載の可否(内容やご氏名など)についてもご記載いただけますと幸いです。

 大変な時ですので、ご無理のない範囲でご協力ください。どうぞよろしくお願いいたします。

◆情報はこちらにお寄せください(メール)
◇もしくは、こちらからお願いします(お問い合わせフォーム)

◆この記事への応援コメントは、右下の「コメントする」をクリックしてご入力ください