先ほど、200mほどの距離にある避難所に訪問し、保健師さんと面会しました(初期研修時代の恩師、勤医協中央病院の尾形和泰先生に電話でアドバイスいただきました。感謝!)。
現在の収容人数、そしてどのようなニーズがあるのかを30分ほど面談。

具合の悪い人は受診を勧めるようにしており、現在は体調不良者は中にいないと。近隣の病院は、軽症〜中等症まで何とか受け入れてくれています。
家に戻れない方の薬不足がこれからでてくると思われるので、その件での協力ができるか、検討することにしました。

こちらの受診患者も数が読めないので、出向いての診療は現状では無理と判断。保健師さんとできるだけ会うようにし、その都度協力できることを検討していくとしてきました。

門前薬局の薬局長にも面会し、現在の在庫、処方日数、対応についても相談してきました。
現在は処方せん無しでも、薬歴が残っていれば処方薬を7日分まで提供していますが、基本的に同処方なので、変更・削除・追加は行えないと。
その場合は、我々の外来で相談してもらう必要があることを確認しました。

皆さんのおかげで、こうして生きてます。
電力関係の皆さん、水道の復旧をがんばってくれてる皆さん、物流を再開させようと奮闘している皆さん…
ありがとう。

オレもできることやるよ。

【編集部からのお願い 被災地の状況をお知らせください】
 日経メディカル オンライン(NMO)では、東北地方太平洋沖地震の被災地で奮闘している医療従事者の方々からの情報発信、および被災地で役立つ医療・保健情報の収集に努めています。これらを、被災地の医療現場に還元することで、及ばずながらも被災者を支援していきたいと考えています。

 被災地で尽力されている医療関係者で、現地の状況についてお伝えいただける方、また、被災地での医療対応に役立つ情報ソースをご存知の方は、ぜひ下記まで情報をお寄せください。その際には、もし可能であれば、勤務先の医療機関名や専門科目、掲載の可否(内容やご氏名など)についてもご記載いただけますと幸いです。

 大変な時ですので、ご無理のない範囲でご協力ください。どうぞよろしくお願いいたします。

◆情報はこちらにお寄せください(メール)
◇もしくは、こちらからお願いします(お問い合わせフォーム)

◆この記事への応援コメントは、右下の「コメントする」をクリックしてご入力ください