医薬品のデータベース開発などを手がけるシステムヨシイは、同社のウェブサイト(http://www.systemyoshii.co.jp/medinfo/index.html)で糖尿病治療薬や抗不整脈薬など慢性疾患の治療に使われる薬の写真の一覧と識別コードなどを公開した(写真)。

 3月11日に発生した東日本大震災により常用薬を紛失した被災者の薬の特定などに活用できる。医薬品卸大手のスズケンは、同ファイルを収めたディスク300枚を被災地の医師や薬剤師に配布している。

 システムヨシイが公開しているのは、糖尿病治療薬、抗不整脈薬、インスリン、抗血栓薬、抗凝固薬、抗精神病薬、抗てんかん薬など、厚生労働省が特に安全管理が必要な医薬品としている、いわゆるハイリスク薬の写真と識別コードだ。システムヨシイが湯山製作所、スズケン、南江堂などの協力を得て作成、公開した。被災者から薬効群を聞き取り、写真を見せながら、PTPシートの特徴などを頼りに薬の特定に役立てる。また、被災者が服用していた錠剤があれば、識別コードを基に薬を特定できる。

 東日本大震災では、津波によって常用薬をなくした慢性疾患患者が多くおり、そうした患者に対しては、問診を頼りに常用薬を特定・推測して処方している。しかし、「血糖値を下げる薬」「血液をさらさらにする薬」といった薬効の大まかな分類は覚えていても、薬の名前まで覚えていない患者も少なくないという。被災地の薬剤師から「写真と薬の名前の一覧のデータがほしい」という要望をスズケンが受け、システムヨシイに作成を依頼した。

 公開期間については「被災地の様子を見て決めるが、少なくとも3カ月は公開するつもり」(システムヨシイ)だという。

【編集部からのお願い 被災地の状況をお知らせください】
 日経メディカル オンライン(NMO)では、東北地方太平洋沖地震の被災地で奮闘している医療従事者の方々からの情報発信、および被災地で役立つ医療・保健情報の収集に努めています。これらを、被災地の医療現場に還元することで、及ばずながらも被災者を支援していきたいと考えています。

 被災地で尽力されている医療関係者で、現地の状況についてお伝えいただける方、また、被災地での医療対応に役立つ情報ソースをご存知の方は、ぜひ下記まで情報をお寄せください。その際には、もし可能であれば、勤務先の医療機関名や専門科目、掲載の可否(内容やご氏名など)についてもご記載いただけますと幸いです。

 大変な時ですので、ご無理のない範囲でご協力ください。どうぞよろしくお願いいたします。

◆情報はこちらにお寄せください(メール)
◇もしくは、こちらからお願いします(お問い合わせフォーム)