あすか製薬はこのほど、東日本大震災の影響によって出荷が停止していたチラーヂンS(レボチロキシン)について、4月中旬をめどに再出荷が可能な見通しとなったことを明らかにした。これは、震災の影響を受けた同社のいわき工場のラインの損傷が軽微だったことに加えて、海外からの輸入および、他社への生産委託に見通しがついたため。

 レボチロキシンは甲状腺機能低下症の治療の第一選択薬で、中でもチラーヂンSは国内シェアが98%と高いため、その確保を巡って全国保険医団体連合会などから、緊急輸入を求める声が上がっていた。

 3月中旬時点で市中在庫は約1カ月分だったとみられており、4月中旬という出荷再開時期は、治療をそのまま継続できるぎりぎりのタイミングだ。そのため同社では、原則1カ月以内の処方とする、分割調剤を行うなど、引き続き、最小限の処方・調剤を行うよう呼びかけていくという。

【編集部からのお願い 被災地の状況をお知らせください】
 日経メディカル オンライン(NMO)では、東北地方太平洋沖地震の被災地で奮闘している医療従事者の方々からの情報発信、および被災地で役立つ医療・保健情報の収集に努めています。これらを、被災地の医療現場に還元することで、及ばずながらも被災者を支援していきたいと考えています。

 被災地で尽力されている医療関係者で、現地の状況についてお伝えいただける方、また、被災地での医療対応に役立つ情報ソースをご存知の方は、ぜひ下記まで情報をお寄せください。その際には、もし可能であれば、勤務先の医療機関名や専門科目、掲載の可否(内容やご氏名など)についてもご記載いただけますと幸いです。

 大変な時ですので、ご無理のない範囲でご協力ください。どうぞよろしくお願いいたします。

◆情報はこちらにお寄せください(メール)
◇もしくは、こちらからお願いします(お問い合わせフォーム)