東京慈恵会医科大学有志による東日本巨大地震支援チームが、ソーシャル・ネットワーキング・サービスのFacebookに、被災者に対する無料の医療相談窓口を開設した。

 支援チームは慈恵医大を中心とした各科100人以上の医師、看護師、薬剤師で構成され、Facebook上の「discussions」欄にて、「循環器疾患」「耳鼻咽喉科」「産婦人科」「災害時の乳幼児栄養に関して」などのテーマ別に健康・医療・医薬に関する適切な情報提供を行うという。3月23日14時現在、35の個別窓口が開かれている。

●Facebookのアカウントを持っている方は、以下のURLから「discussions」へ。

「東京慈恵会医科大学有志による東日本巨大地震支援チーム(有志)『医療相談窓口』」
http://www.facebook.com/jikei.soudan


●Facebookのアカウントを持っていない方、携帯端末を使っている方は、以下の専用フォームから相談できる。

「被災者専用(無料)医療相談 −慈恵医大有志による医療支援−」
https://pro.form-mailer.jp/fms/2e86584016712

【編集部からのお願い 被災地の状況をお知らせください】
 日経メディカル オンライン(NMO)では、東北地方太平洋沖地震の被災地で奮闘している医療従事者の方々からの情報発信、および被災地で役立つ医療・保健情報の収集に努めています。これらを、被災地の医療現場に還元することで、及ばずながらも被災者を支援していきたいと考えています。

 被災地で尽力されている医療関係者で、現地の状況についてお伝えいただける方、また、被災地での医療対応に役立つ情報ソースをご存知の方は、ぜひ下記まで情報をお寄せください。その際には、もし可能であれば、勤務先の医療機関名や専門科目、掲載の可否(内容やご氏名など)についてもご記載いただけますと幸いです。

 大変な時ですので、ご無理のない範囲でご協力ください。どうぞよろしくお願いいたします。

◆情報はこちらにお寄せください(メール)
◇もしくは、こちらからお願いします(お問い合わせフォーム)